デュタステリドとフィナステリドの違い

デュタステリドとフィナステリドは似ているようで違う

AGA治療といえば、フィナステリド(プロペシア)が定番。
ですが、最近ではこのフィナステリドの人気を超すぐらいの勢いで、注目されてきている成分があります。
それが、デュタステリドです。

デュタステリドもフィナステリドと同じように、最初は前立腺治療の為に開発された成分でした。
ところが、治療を受けている患者さんから、薄毛が改善してきた報告が多くされるようになり、AGA治療薬としても活用されるようになりました。

フィナステリドもデュタステリドも、どちらも薄毛の改善に効果が期待できるのですが、その働きには大きな違いがあります。
薄毛の原因となる男性ホルモン・ジヒドロテストステロン(DHT)を生成する5αリダクターゼという還元酵素は、1型と2型と存在します。
AGAに深く関わっているのは、この2型。
デュタステリドもフィナステリドも、この2型の働きを抑制しますが、デュタステリドは1型にも作用するといった違いがあります。

また、デュタステリドとフィナステリドは半減期において大きな差があります。
デュタステリドは約3~5週間といった長期間、体内に成分が残って働き掛けるのですが、フィナステリドは約6~8時間と1日も持たないのです。

これらの違いから、デュタステリドとフィナステリドを比較検討した臨床試験では、デュタステリドの方が約1.5倍もの脱毛抑制効果結果が出ました
育毛効果に関しても、デュタステリドの方が太い毛が増えたといった結果がでています。
この臨床試験からも、フィナステリドよりもデュタステリドのほうが治療効果は高いといった事が言えます。

デュタステリドの治療効果がフィナステリドよりも高い理由

AGAは5αリダクターゼ還元酵素の2型が深く関係していますが、1型が全く関係していないわけではありません。
2型は毛乳頭細胞や毛母細胞から発生し、頭頂部や前頭部の生え際を中心に薄毛を誘発していきます。
1型は皮脂腺から発生し、特にここという場所はなくどこにでもみられます。

それはつまり、2型と同じ場所にも発生するということです。
実際に、AGAの症状が著しく出ている部分の頭皮に、2型だけでなく1型の発生がみられる研究データもあります。

フィナステリドよりもデュタステリドの方がAGA治療効果が高いというのは、2型だけでなく1型にも働きかけるから。
1型がAGAに関わっているとなると、それは作用しないフィナステリドよりもデュタステリドのほうが治療効果が高いのは当然といえます。

トップへ戻る