AGA治療のデュタステリド

ザガーロの有効成分・デュタステリドとは?

AGAは、薄毛の一つです。
薄毛には他にも円形脱毛症女性型脱毛症瘢痕性脱毛症休止期脱毛症などいくつかのタイプに分類されており、どのタイプになるかで薄毛の発症メカニズムや脱毛パターンなどが違ってきます。

AGA治療薬としては、プロペシアの有効成分であるフィナステリドが有名ですが、最近ではザガーロの有効成分である「デュタステリド」という成分が効くとして注目されています。
が、デュタステリドが有効なのはAGAだけです。

AGAは、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されることで起こりますが、その原因となるのが5α還元酵素。
5α還元酵素は全身のあらゆる部位に発現する物質で、薄毛になっている部分というのは5α還元酵素が発生している部分ともいえます。
頭では前頭部から頭頂部が顕著にあらわれるものとなっており、頭髪を軟毛化して細く短くし、それは額の生え際から始まって前頭部から頭頂部へと拡大。
M字型やO型脱毛を作っていくのです。

デュタステリドは、フィナステリドと同じ5α還元酵素阻害薬。
5α還元酵素にはⅠ型とⅡ型とありますが、デュタステリドはどちらも阻害する働きがあり、AGA効果がフィナステリドよりも高いといわれているのです。
ただし、このⅠ型とⅡ型への影響が、副作用にも影響を漏らすものとなっているので、服用するには注意が必要です。

フィナステリドとデュタステリドの作用の違い

フィナステリドとデュタステリド、どちらがAGAに有効なのかというと、研究データからはデュタステリドといった結果が出ています。
フィナステリドの10分の1ほどの量を使っておこなったデュタステリドの臨床試験では、フィナステリド以上の効果をみせたのです。

また、フィナステリドとデュタステリドは、半減期にも違いがありました。
体内に取り込まれた有効成分は、呼吸や汗、便、尿などに交じって体外へと排出されます。
この排出期間を半減期というのですが、フィナステリドは6~8時間なのに対して、デュタステリドは5週間と長くなっています。
デュタステリドのほうが有効成分が体内に残りやすく、持続性が高くなっているのです。

さらに、デュタステリドはフィナステリドよりも、ジヒドロテストステロンを広範囲で阻害することがわかっています。
なぜなら、デュタステリドは5α還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方を阻害することができますが、フィナステリドは5α還元酵素のⅡ型しか阻害することができないのですから。

デュタステリドの副作用

デュタステリドの副作用としては、勃起不全、リビドー減退(性欲減退)、乳房障害(女性化乳房、入乳痛、乳房痛、乳房不快感)が挙げられます。
他の細かい症状も合わせると、過敏症などの蕁麻疹、アレルギー反応、発疹、そう痒症、眼局性浮腫、血管浮腫、浮動性めまい、抑うつ気分、味覚異常、精巣痛、射精障害、脱毛症、多毛症、下痢、腹部不快感、倦怠感なども報告されています。これらの症状がみられた場合は、服用をすぐに中止し、医師に相談するようにしましょう。

また、デュタステリドは肝臓で代謝されるので、肝機能が弱っている人では、肝機能障害や黄疸といった重い副作用の可能性もあります。
肝機能に不安がある人は、かかりつけの医師に相談してから服用するかどうか決めるようにしましょう。

トップへ戻る