デュタステリド配合薬

デュタステリドが配合された医薬品

デュタステリドは、グラクソ・スミスクライン社が開発したAGA治療薬の有効成分です。
日本では、アボルブやアヴォダートといった治療薬に使われており、厚生労働省の許可も得ています。

デュタステリドはフィナステリドと同じで、良性の前立腺肥大治療の為に開発された成分です。
それが、AGAの改善にも良いとして使われるようになったのです。
ただ、まるっきり同じという事ではなく、フィナステリドにはない1型5-aリダクターゼの阻害効果がデュタステリドにはあります。
臨床試験では、フィナステリドの1.5倍もの毛髪再成長効果を出しています。

●アボダート・アボルブ

医薬品分類:先発医薬品
製薬会社:グラクソスミスクライン
イギリスの製薬会社が製造・販売するアボダート・アボルブは、前立腺肥大症の治療薬です。
日本では2009年に厚生労働省から認可を受けており、男性型脱毛症における薄毛治療に効果があることが、臨床試験からも実証されています。

●デュタス

医薬品分類:アボルブのジェネリック
製薬会社:ドクターレッディースラボラトリーズ
デュタステリドを含むアボルブのジェネリック医薬品。
膀胱の筋肉の収縮力を強くしたり、前立腺の腫れやむくみを改善するなどの慢性前立腺炎に効果があるといわれています。
男性ホルモンに作用する働きから、AGA治療薬としても使われています。

●デュプロスト

医薬品分類:アボルブのジェネリック
製薬会社:シプラ
デュタステリドを含むアボルブのジェネリック医薬品。
シプラ社は、フィンペシアでも有名なインドの大手成約メーカーです。
デュタスよりも購入しやすい価格です。

●デュタゲン

医薬品分類:アボルブのジェネリック
製薬会社:ランバクシー
デュタステリドを含むアボルブのジェネリック医薬品。

●ベルトリド

医薬品分類:アボルブのジェネリック
製薬会社:インタス
デュタステリドを含むアボルブのジェネリック医薬品。


先発医薬品であるアボダート・アボルブは値段が高いので、長期的な服用を求められるAGA治療としては、ジェネリック医薬品のほうが無理なく続けることができます。
ただ、どんな薬も2~3年も飲み続けていると、耐性ができる可能性があります。
これは、プロペシアやフィンペシアでも同じです。

また、ここで挙げた医薬品以外に、アボダート・アボルブを作るグラクソスミスクラインから、ザガーロといった医薬品もあります。
2015年9月に日本国内でもAGA治療薬として認可されましたが、国内ではまだ正式に販売されていません。

トップへ戻る