アボルブとフィナステリドの併用はあり?

AGA治療に組み合わせは有効か?

薄毛や抜け毛の治療薬として使われている「プロペシア」。
別名「フィナステリド」とも呼ばれています。

フィナステリドはAGAの定番治療薬として薄毛や抜け毛に悩む人に使われており、頭髪の現状維持率も高いと評判の治療薬です。

その発売は1997年からですが、世界で始めて医師が処方する男性型脱毛症用薬として有名です。

このフィナステリドよりも強力なAGA治療効果があるのがアボルブです。
前立腺肥大症の治療薬として開発されたのですが、現状維持と発毛効果が優れた育毛剤としてAGAに悩む人に浸透しつつあります。

効果の差はあるものの、同じ育毛効果があるフィナステリドとアボルブ。
最初はプロペシアを使い、効果が感じられなかったらアボルブを使うという場合がほとんどのようです。

抜け毛や薄毛の治療では、現状維持できるものと発毛効果があるものを併用しておこなうのが一般的です。そういった意味では、フィナステリドとアボルブを併用している人はあまりいないといえます。

また、同じ発毛効果を狙うにしても、内服薬を組み合わせるよりかは、外用薬と組み合わせて使うほうが効率的です。

内外から働きかけることで、痒いところにも手が届くということなんですね。

フィナステリドもしくはアボルブを使う場合では、「アロビックス」といった塗り薬を併用するといいかもしれません。
作用が違う発毛剤で相乗効果が高く期待できます。

トップへ戻る